« 2009年02月 | メイン | 2009年04月 »

2009年03月21日

オーストラリア

もう見られた方もいらっしゃると思いますが、映画<オーストラリア>より、オージーティーチャーのサマンサ先生からの投稿です☆

recently i saw the new movie 'Australia',Because i am Australian,I was excited to see the landscapes in the film, and watch some of the history of Australia, but actuallly the thing i loved most about it was the 'AussieLanguage'.
最近オーストラリアって新しい映画を見ました(オーストラリア人だし)!映画の中でオーストラリアの風景や歴史を見れるのをたのしみにしていたけど、実際に一番面白かったのは映画の中ででてくるオーストラリア英語でした。
Australians use lots of slang words n phrases which actually dont really make sense to non-australian.オーストラリア人はオージー以外には意味がわからないようなスラング(単語・フレーズ)をたくさん使います。

In fact,I watched the movie with a canadian friend of mine,and she had trouble understanding parts of what people were saying.実際に一緒に映画を見に行ったカナダ人の友達は映画の中で使われるオージー英語を理解するのに苦労したようでした。

Here are some examples of 'aussie slang'いくつか代表的なものをあげてみますね。

-She'll be right(it will be ok)  なんにでもSHEを使うそう。
-Sheila(Girl) アウトバックってオーストラリアのステーキハウス(西梅田)のトイレにはこう書いてマス!
-Bloke(boy)  女子トイレにはSHEILA 男子トイレにはBLOKE 
-Crikey(Oh no) クライキー!
-Where ya headed to?(where are you going?) どこいくん?って感じですね。
-I'll give you a hand(i will help you) 手を貸す。日本語と一緒だね。
-Its a scorcher(its really hot)  へ~
-You've gotta be dreamin(Theres no way that will happen) 
-Chuck on the sports(can you please put on the sports channel)  Oh,BOY!
-True blue(Real/Authentic)  これ素敵じゃない!?☆

みなさんどうでしたか?ヒュー・ジャックマンに見とれてるだけじゃなくて(笑)
こんなことを意識しながら見てみるのも楽しいかもしれませんね!

投稿者 wiki-wiki : 14:20 | コメント (0)